「スキル循環社会」の実現へ。

副業、フリーランス。雇用によらない新たな選択肢で、日本のビジネス全体に、新しい流れを。 副業、フリーランス。雇用によらない新たな選択肢で、日本のビジネス全体に、新しい流れを。

労働人口が減る日本は、人材不足という国難に直面しています。 「変革を」「DXを」「新規事業を」と、経営者が檄を飛ばしても、 必要な人材を獲得することは、すでに簡単ではありません。 一方で、この国には、 ハイレベルな専門スキルをもつ人材が 驚くほど多くいることを、私たちは知っています。 ひとつの勤め先だけでなく、より多くの場所でスキルを発揮できる。 個人と企業の可能性を広げるために、HiProはスタートしました。 手助けを求める企業の経営課題を、ぴったりのスキルが解決していく。 スキルという新しい血流が、世の中全体に行きわたる。 そんな流れが当たり前になれば、きっとこの国の流れも変わるはず。 私たちはそう信じて、「スキル循環社会」の実現に向けた取り組みを加速させます。 労働人口が減る日本は、人材不足という国難に直面しています。 「変革を」「DXを」「新規事業を」と、経営者が檄を飛ばしても、 必要な人材を獲得することは、すでに簡単ではありません。 一方で、この国には、 ハイレベルな専門スキルをもつ人材が 驚くほど多くいることを、私たちは知っています。 ひとつの勤め先だけでなく、より多くの場所でスキルを発揮できる。 個人と企業の可能性を広げるために、HiProはスタートしました。 手助けを求める企業の経営課題を、ぴったりのスキルが解決していく。 スキルという新しい血流が、世の中全体に行きわたる。 そんな流れが当たり前になれば、きっとこの国の流れも変わるはず。 私たちはそう信じて、「スキル循環社会」の実現に向けた取り組みを加速させます。

scroll scroll

スキル循環社会とは

これまでの社会

多くの人材が一つの企業だけに所属することで、
個人のスキルが固定化「人材」という単位では流動性が低いため
社会に新しい流れが生まれにくい。

スキル循環社会

雇用によらない適材適所のプロ人材が課題解決を実現。
「スキル」という単位になることで流動性が高まり、
社会ものびやかに拡大する。

個⼈が持つさまざまな経験、スキルを1社の中に閉じずに、他の企業でも活かす。個⼈が持つスキルは、それを必要とする企業の中で柔軟に活かされ、更に経験を積み重ねて磨かれ、そこで培った経験・スキルがまた他の企業で活かされる。この繋がりにより、企業と個⼈が相乗的に成⻑し、日本経済の発展へと繋げていく。このような社会を「HiPro」は「スキル循環社会」と定義し、実現を⽬指します。 個⼈が持つさまざまな経験、スキルを1社の中に閉じずに、他の企業でも活かす。個⼈が持つスキルは、それを必要とする企業の中で柔軟に活かされ、更に経験を積み重ねて磨かれ、そこで培った経験・スキルがまた他の企業で活かされる。この繋がりにより、企業と個⼈が相乗的に成⻑し、日本経済の発展へと繋げていく。このような社会を「HiPro」は「スキル循環社会」と定義し、実現を⽬指します。

「スキル循環社会」の実現に向けたアクション  「スキル循環社会」の実現に向けたアクション 

都市部ではたらきスキルを磨いたプロ人材が
ふるさとの自治体、企業に貢献することを
応援するプロジェクト

もしも、地域に貢献したいという想いとさまざまな経験による専門スキルをもつプロ人材がいたなら。地域の企業にとって、力強い味方になるはずです。副業・フリーランスのプロ人材活用を進める私たちHiPro(ハイプロ)は、この度、スキルリターンという取り組みをスタートします。このプロジェクトは、主に都市部で専門的な経験を積んだ、地域に特別な想いをもつ副業・フリーランス人材を地域の企業とつなぐ取り組みです。地域を想う人材だからこそ、モチベーションはより強く。都市で鍛えられた人材だからこそ、新しいスキルをもっている。そんな可能性あるプロ人材の活用を、はじめてみませんか。 もしも、地域に貢献したいという想いとさまざまな経験による専門スキルをもつプロ人材がいたなら。地域の企業にとって、力強い味方になるはずです。副業・フリーランスのプロ人材活用を進める私たちHiPro(ハイプロ)は、この度、スキルリターンという取り組みをスタートします。このプロジェクトは、主に都市部で専門的な経験を積んだ、地域に特別な想いをもつ副業・フリーランス人材を地域の企業とつなぐ取り組みです。地域を想う人材だからこそ、モチベーションはより強く。都市で鍛えられた人材だからこそ、新しいスキルをもっている。そんな可能性あるプロ人材の活用を、はじめてみませんか。

Coming soon