「はたらく」選択肢を増やし、
多様な社会を目指すメディア。

業界別のiot技術の活用事例

iot casestudy_image

家電製品を見るとき、公共交通機関に乗るとき…今や「IoT」は、日常で当たり前のように見かけるワードとなりました。もちろん、ビジネスもIoTは広く浸透しており、こと昨今のテクノロジー発展に伴い、ますます活用のシーンが増えています。

ニーズが増えていることから、IoTを活用したサービスを検討されている声をよく耳にしますが、実際にIoTをビジネスにどう活用すべきか、迷われる方もいらっしゃるかと思います。

当コラムでは、改めてIoTの基本から、実際に各業態においてどのように活用されているのか、一般的な活用例とともに、ご紹介します。

 

IoT(Internet of Things)とは?

IoT(Internet of Things/アイオーティー)は、「モノのインターネット」と訳され、さまざまなモノ(家電やロボットなど)同士の情報をインターネット上で交信させる仕組みを指します。

イメージしやすい例でいくと、スマートスピーカーが挙げられます。スマートスピーカーに「家電のスイッチを付けたい」と音声を吹き込めば、スマートスピーカーを経由し該当の家電に情報が発信され、家電の電源が稼働するという仕組みです。家電にIoTが組み込まれているからこそ、スマートスピーカーから発信される情報を受け取ることができ、直接家電に触れずとも操作を可能にしているのです。

元々、モノとモノの 間で情報を交信させる仕組みは、製造業が中心であり、活用範囲も限定的でした。しかし、データ取得に不可欠なセンサの単価が低下したことに加え、近年のスマートフォン普及が後押しし、一般企業・家庭にもIoTの技術や仕組みが広く普及することとなりました。

IoTによって実現できる機能

モニタリング(状態把握)

モノに組み込まれたセンサを通じて、モノの状態をリアルタイムで把握できます。たとえば、温度・音声・周囲の動作などが、感知できる情報として挙げられます。

分かりやすい例として、防犯カメラが挙げられます。IoTを組み込むことで、単に映像を録画して終わるだけでなく、入退室監視・入退室履歴を自動で行ったり、トラブル時に管理者へメール通知を行ったり 、といった機能性を 持たせられるようになるのです。

予防・予知保全(検知)

IoTを活用することで、遠隔から動作状況を把握したうえで、事前に異常兆候を察知することも可能です。たとえば、設備が通常と異なる動作を行っていた場合、自動でアラートを発信。突発的な故障が起こる前に対処が可能です。

また、これらの技術は 工場やダムなどの監視はさながら、インフラ領域への活用にも注目度が高まっています。道路や橋の老朽化を自動判定させることで、都度人の目を 介さずとも、一定のリスクを事前検知することが可能です。

データ連携(通信)

たとえば、電子レンジを例に挙げてみましょう。電子レンジを使うユーザーが、どのようなモノを温めているのか、その状態や傾向を属性情報として蓄積します。蓄積した情報からはユーザーの志向性を割り出すことができ、自動でオススメの調理方法をレコメンドすることも可能です。

また単体ユーザーだけでなく、同じモノを使うユーザー複数から情報を集めれば、サービス提供側にとって、新しい価値を提供するためのヒントともなりえます。

遠隔制御

遠隔でも、インターネットを通じ、リモート操作できる機能です。冒頭のスマートスピーカーで挙げた例では、当機能が活用されています。

また製造業の場合、工場やプラントの保守管理・点検をリモートで行えるため、巡回や出張の必要もありません。定期的なメンテナンスにかかる工数や費用を必要最小限に抑えられます。

 

産業別のIoT活用事例

IoT casestudy_image

製造業の活用事例

IoTは製造業の発展に大きく寄与しています。代表的な例が「工場のスマートファクトリー化」です。

スマートファクトリーとは、デジタルテクノロジーによって、業務プロセスの改善や、品質・生産性の向上を実現する工場のこと。このスマートファクトリーを実現するためにIoTを活用することで、機械設備や管理システムのデータ収集が可能です。

データからは、作業員の作業量や効率性を数値で計れ、生産性や設備稼働率の向上に向けた検討材料として活用できます。

また、設備機器の状態を常時監視でき、自動で即時に異常を検知できる点もメリットです。設備が故障する前にメンテナンスを行えるため、最小限のロスでとどめられます。

医療業界の活用事例

医療現場でも、IoTは活用されています。代表的な例として、ウェアラブルデバイスを活用した「遠隔医療」が挙げられます。

IoTによって、対象者に装着したウェアラブルデバイスから生体データ(脈拍、心拍、血圧など)が計測・送信されます。医療機関側は、生体データからリアルタイムで患者の状態をモニタリングでき、異常時には即座に 対応や処置が可能となります。

また、医療機関にかかっておらずとも、日常の中でデータから異常を検知し、アラートを発信することも可能です。

健康管理だけでなく、在宅医療や医師不足といった課題を解消する可能性を秘めているだけでなく、医師の労働環境改善にも寄与できるポテンシャルを秘めています。

小売業界の活用事例

小売業におけるIoTの活用方法は多岐にわたります。たとえば、冷蔵庫などの店舗設備における稼働を自動でコントロールしたり、異常を事前検知したり することで、店舗の稼働効率を向上できます。

また、デジタルサイネージによる商品案内画面とカメラにIoTを組み込めば、顧客の試聴時間を検知し、データとして商品案内の注目度を計測することも可能です。

飲食業界の活用事例

活用先は大きく分けて、顧客向けと企業向けに分類できます。

前者は、たとえば タブレット入力で注文を行うシステムでIoTが活用されています。ファミリーレストランなどで見かけたことが ある方もいるのではないでしょうか。タブレットを介して注文を行うことで、わざわざ従業員を呼び出す必要がありません。結果として、簡単・正確・迅速に注文を行えるだけでなく、店舗側の人手不足解消にもひと役買っています。

後者では、POSシステムなどに、IoTが活用されています。POSシステムでは、売上・客層など、利用した顧客の情報を収集し、一元管理できるだけでなく、収集した情報を今後の売上向上のための施策検討に役立てることも可能です。

物流業界の活用事例

物流業界のトレンドワードに「ロジスティクス4.0」があります。ロジスティクス4.0とは、主に「省人化」や「自動化」を目的とし、テクノロジー活用を推進するフェーズのことです。

昨今ではECサイト拡大や巣ごもり需要拡大といった市場変動により、より効率的かつ高頻度での配送が求められています。IoTは、こうした市場ニーズを満たす解決策の一手として注目を浴びています。

たとえば、物流フローのひとつである倉庫作業では、仕分けや、棚卸、ピッキングなどにロボティクスおよびIoTが活用されています。注文に応じて、棚が作業員の位置まで自動で動くシステムがその一例です。また、荷物に専用タグをつけることで、正確な在庫数を把握できます。

また、配車においても、IoTを活用することで、最適な人材の配置や配車ルートをシステムで可視化することも可能です。

さらに今後は、ドローンをはじめ、無人航空機(UAV)を利用しての輸送や自動運転トラックなど、無人郵送サービスでの実用化にも期待が高まっています。

自治体の活用事例

IoTは自治体でも活用されています。一例としては、移動手段として電動二輪車にIoTが組み込まれており、急発進や急ブレーキなど、運転上のアクシデントが起きた場合に検知、運転者へのコンタクトが取れるような仕組みです。電動二輪車にセンサ が組み込まれることで、情報取得を実現しています。

農業の活用事例

多くの農家が、後継者不足などの人手不足によって生産者減少 の問題を抱えている農業ですが、問題解決の方法としてIoTの活用が 注目を集めています。たとえば、IoT機器を利用して、ビニールハウスの温度・湿度、土壌水分量などの状況をモニタリング。また、ネットワークカメラを活用し、ハウス内暖房機の稼働状況をリモートで閲覧できるようにし、見回りの負担を削減することも可能です。

IoTを活用することで、農業にも生産性向上や労働環境向上を図ることができます。

交通業界の活用事例

こちらは、日常になじみがある領域のため、ご存じの方も多いかもしれません。IoTの導入で、公共交通機関やタクシー業ですでにIoTを活用したサービスの実用化が進んでいます。

IoTを活用して実現できる例をあげてみます。たとえば、バス停にQRコードが記載されているものを見たことはありませんでしょうか。このコードはデバイスカメラで読み込むことで、バスの運行状況を即座に把握することができます。

また、タクシーの配車アプリにもIoTが活用されており、自分の居場所から最も近いタ クシーを呼ぶことが可能となっています。

もうひとつ例を挙げると、路線案内のアプリもその ひとつです。公共交通機関や、高速道路などの渋滞・遅延状況を把握するだけでなく、他情報から最適な別ルートを提案することも可能です。

まとめ

個人・法人を問わず、あらゆるシーンでIoTが活用されていることをご紹介しました。

IoTを活用することで、「生産性の向上」や「人手不足解消」などが期待でき るため、業界を問わず汎用性に優れた技術であることがお分かりいただけたかと思います。

また昨今、「DX」といった、テクノロジー活用による事業発展を指すワードがトレンドにもあがっており、今後ますますIoTの活用の普及 が予測されます。目まぐるしいニーズの変化 に伴い急速な変革が求められる中、IoTは成長の一翼を担うといえそうです。

POPULAR

人気記事

DAILY
WEEKLY

SERVICE

HiPro サービス

HiPro Direct

企業と副業・フリーランスをつなぐ
マッチングプラットフォーム

HiPro Biz

経営課題解決に取り組む企業向けの
経営支援サービス

HiPro Tech

フリーランスITエンジニア専門の
IT・テクノロジー特化型エージェント